FC2ブログ
ロックンロールなんですの(仮)
茨城で半引き篭もり。猫にゲームに漫画に音楽。大抵FFXI日記 。ビス鯖。タイトルは好きな曲名からランダムで。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『姑獲鳥の夏』劇場版
20061023211213.jpg

また夜8時過ぎ、ぶらりひとり横浜線。橋本で映画を観てきた。
今日観たのは「姑獲鳥の夏」。邦画には期待しないと決めたのに。
小説先に読んでるだけに色々気になったりするだろうし。
しかし友達が原作読まずに観て小説を読む気になったというし、とうとう観た。

どんな話かは前に日記に書いたので今回は書きませんが、舞台は昭和28年。
拝み屋・中善寺夏彦役の堤真一。危なげな小説家・関口巽役の永瀬正敏
「見える」探偵・榎木津礼二郎役の阿部寛
小説の中のキャラの野暮ったさみたいなものも感じた。ピッタリなような。
刑事・木場修太郎役の宮迫博之がえらく小さく見えた。皆さりげに背が高いから。

原田知世さんはいつまでもおキレイで。一人何役やった事か。「中の人」も入れると・・・。
しかし中善寺妹役の田中麗奈さん。
あの人は可愛すぎて、正直いい意味でなく、あの時代の人とはどうしても思い込めず、
出てくるたびに「ああ、なっちゃん(古すぎる)ダー」と現代におかえりなさい俺。

まあ作品全体がそんなにその時代を感じさせる感じでもなかった気がしたけど。
オープニングとエンディングにその時代の白黒写真を流してたけども。
姑獲鳥の映像もちゃちい。別にアレはいらなかったんでは・・・とか思ったりも。

しかしアレ、小説読まないで行った人はどう思ったんだろうか。
あの長台詞が果たして一発で頭に入ったろうか。
それに、小説なら細かく描写もあるだろうし説明ももっと長い。
しかし映画だとどうしても描写はしょって最低限度の長さにしないといけないんで、
あの内容やら結末やらが一度で飲み込めるかどうか。
俺は何回も読んでるからそこらへんは脳内補完してるけど。

なので純粋にこの映画がどうかっつうのはもう分からない。
とにかく俺は2時間ちょっとがあっという間だったけど。
でもオススメするとしたら小説の方ですが。

しかしあの紙芝居屋はちょっとウザい・・・。
そしてその紙芝居の「墓場の鬼太郎」を見てる、水木しげる役の京極夏彦。作者。
しかし本当にあの人は水木しげる大好きだな・・・。


スポンサーサイト

テーマ:ヲタクのメモ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://dereoniel.blog77.fc2.com/tb.php/326-ebe8a8b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

デレスケ

Author:デレスケ



Recent Articles



今日のデレニール

MINI7.jpg



今月購入予定の本



Categories



Monthly Archives



Recent Comments



今日のまかい村

peshimichi.gif gureo.gif gurumin.gif pachiku.gif
opal.gif torako.gif yumeko.gif tacu.gif

2007年12月24日でまかい村を一旦凍結。        またいずれ。ウヒョー。



Link



Recent Trackback



Access Counter

現在の閲覧者数:

since 2006.10.2



ブログランキング

にほんブログ村 ゲームブログ FF11(FFXI)へ
にほんブログ村



Site Search





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。