ロックンロールなんですの(仮)
茨城で半引き篭もり。猫にゲームに漫画に音楽。大抵FFXI日記 。ビス鯖。タイトルは好きな曲名からランダムで。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようならカエラちゃん
img_497917_3990373_0.jpg

本日3月31日をもって、tvkのカオス番組・『saku saku』のMC・木村カエラちゃんが降板。
カエラちゃんのやる気あるんだかないんだかなダルさ加減が良かったのに。
そして空腹時には見るからに無口・無愛想になるあたりも。

『saku saku』自体はカエラちゃんの前のMC・あかぎあいちゃんから見ている。
カエラちゃんがMCになってからも丸3年。何年見てるのかこの番組を。
雑誌「セブンティーン」のモデルだったカエラちゃん。3年でえらいアーティストに。

この1年は『saku saku』にとって激動の年。
「大人の事情」でサイコロ型のMC・増田ジゴロウ白井ヴィンセントに。
中身は変わらないけど。
『ご意見番』というキャラ役の方が亡くなったりDVDが出たり。
そしてこの度カエラちゃんが降板と。えらく様変わりしたなと。
4月からの新MCは「ミスマガジン2005」の中村優さん。うむ。知らない。どうなるのかしら。
最近ちょっと『saku saku』ばなれを起こしている俺なので不安。

白井ヴィンセントになってからの総決算DVD『saku saku Ver.2.0 ヴィンの復習』発売中。
ひとりで笑うのはわびしいので、彼女ができたら買おう。いつだ。

デジャヴ。昔の日記参照。



スポンサーサイト
『DevilMayCry3』再び
20061109204539.jpg

今日『DevilMayCry3』のサントラが届いた。
通販でしか買えないマニアクスな代物。結構有名タイトルなのに何故かー。
豪華3枚組。収録曲104曲。そんなにあったのか曲。

俺はゲームのサントラをよく買う。ゲームによるけど。
『DevilMayCry』『メガテン』シリーズなどは大好物。
つうか買ってるの結局それくらいか。音の好みが合う。
ゴリゴリした音で打ち込み系みたいな。下手なギターロックよりよっぽど血圧が上がる。
FFシリーズあたりのオーケストラ的なものはあまり。

現在そのサントラ聴いて御満悦俺。ウォークマン買っちまおうかしら。
そして当然またプレイしたくなる。ヤング島ダンテで大暴れ。

そんな俺に『DevilMayCry3 Special Edition』発売中の報が。
主人公ダンテの双子の兄でもあり宿敵でもあるバージルが使用可能な特別版。
銃と剣で戦うダンテと違い、剣一筋なサムライ外人・バージル。
『ベオウルフ』を手に入れ調子に乗り、格闘で負けた時は除く。
『DevilMayCry』ではよく他のキャラでプレイできたりするので、
「バージル兄ちゃんでプレイできればな・・・」と思っていたし。プレイ当時。

そんなものが知らないうちに発売されていたなんて。
ムービーシーンがいつでも見れるモードや、
際限無く強くなる敵と戦い続ける漢(おとこ)のモード『ブラッディ・パレス』も追加。
他にも色々あるとさ追加要素。

チックショウスゲエ欲しい。
今まさに流れている『DevilMayCry3』のBGMがこの想いを盛り上げる。
お値段3800円。中古『DevilMayCry3』の値、大暴落間違い無し。
庶民の財布にも優しいお手頃価格。サントラより安いですよどうするか。
忙しいのに。色々。

そういや、鬼機械『PS3』で『DevilMayCry4』が発売予定とか。
その他も色々出るんだろう。どうしようか『PS3』。いつ出るかも分からないようだけど。



テーマ:ゲーム日記 - ジャンル:日記

FFXII日記開始
20061010205159.jpg

ほそぼそとプレイしていた『FFXII』
主人公らの国を支配している帝国の武装親衛隊『ジャッジ』ギースを倒し、
この時やっとメインキャラ6人が勢揃い。

喋るぬいぐるみやら人形のような黒魔導士やらな突飛なキャラははいないけども、
イカス外国人俳優の如き個性的な6人が。
明るく真っ直ぐな主人公と、お兄さんな感じな男性陣2名。
そして女性陣は、幼馴染み・お姫さま・露出度の高いオネエサーンと完璧な布陣。
何がか。

そして気になるバルフレアというキャラ。画像の男。
飄々としてる女性に優しいキザ男。そしてキメる時はキメるいい男。
まるでサンジ。つうか声がサンジ。まんまサンジ。きっと料理も上手い。
ちなみに武器は蹴りではなく銃。現時点では。そげキング的。

今回の戦闘システム『ガンビット』。すごい楽。
簡単に言うと、戦闘の時の行動を予めインプットしておいて勝手に戦わすという。
「ガンガンいこうぜ」からどんだけ進歩したのか。
予めパーティーのリーダーに「目の前の敵に『たたかう』」と命令、
他のメンバーには「リーダーの敵に『たたかう』」と命令しておけば、
リーダーを敵の近くに近づければ、勝手にメンバー全員がその敵をボコりだす。
ダメージをある程度受けたら『ケアル』をと命令。大概のザコ敵などボタン押す必要も無い。
レベル稼ぎがえらい楽。

特に帝国のお坊ちゃま・ラーサーがゲストで仲間の時など、
無制限にハイポーションを使いまくってくれるので回復の必要無し。通称『ハイポ王子』
この時にある程度レベル稼ぎをしまくったので、今はボス戦すら手ブラ。
大技くらって死んだキャラや死にそうなキャラを助けたりする時くらい。

キャラを育てるのに、何を装備できるようにするかとか、どこらへんを強化するとか、
キャラの能力をかなり細かい所までいじれるので、
『ガンビット』も含め、それらを面倒だと思わなければ楽しいと思う。

まあこんなん言わなくても皆プレイしてるんだろうけど。
俺もまだやり始めなのでよく分からない事もあるけど。
リミット技な『ミストナック』の連携とかがまだよく分からないな・・・。



テーマ:ゲーム日記 - ジャンル:日記

運転見合わせ中
20061210023637.jpg

帰りの電車にて。つうか今。
中央線で信号トラブル、その上横浜線町田付近で人身事故。
現場検証のため運転見合わせ。途中の駅で待ちぼうけ。
そんな中、正社員試験の一次審査の結果が留守電に。
あの忌々しい小論文ですよ。

結果は一次合格。悲しい事に。
どのへんが悲しいかというと、今週土曜は出勤。
日曜も一緒に受かった同僚と午前中出勤、その後は二次の面接と。
ちなみにリーダーは関西で彼女とデート。
二次試験があると分かっているのに、二週間前から全く譲る気無し。
いいんですけど、法事とか嘘吐くのはどうかと思う。

花見気分の休日を見事に潰される。
限りなく出来レースと言われているこの正社員試験。
何よりこの会社辞めようと思ってんのにこんなの受けてもな。

電車はまだ動かない。そんな折に12連勤が決定。
久しぶりに家で酒でも飲もうという気になりますた。最悪。
ヒマすぎるのでメールで日記。立ちっぱなしで足痛え。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

img_473385_3990060_0.jpg

俺の職場の桜が今日開花。
朝来た時は咲いてなかったのに帰りに見たら咲いてたので。
ニュースでも俺の周りでもこの休みに上野やらどこぞやらに花見に行ってきたと。
もう春だと否応無しに思い知らされる今日この頃。

昔はいい気分だったけども、ここ数年の春との巡り合わせの悪さと、
これから暑くなるだけという事と、とにかく風が強い事。
それらが原因で俺は春が苦手。夏よりはいいけどあまり好きじゃない。
浮かれるっつう意味じゃなくなんかフワフワするし。

でも春は苦手でも桜は好き。
俺の地元は桜が名物。つうかそれしかない。小・中学校の通学路にはどこでも桜が。
春はいつも桜並木を歩いて学校に。ステキ通学路。
しかし季節が過ぎると全ての木から毛虫が現れ、歩道が毛虫に占領されるけど。地獄。

ちなみに俺の実家の最寄駅は「夜の森」と書いて「よのもり」と読む。
そんな雅な駅名の俺の実家。今は本当に何もない所ですが、名の通り木が多い。
春休みのあたりはまだ咲かず、GWには散っている実家の桜。東北なので。
もう何年見てないな・・・。

今俺の住んでる所の近くにもかなり長い桜並木がある。
川の両岸が桜並木。近くに墓もあるナイスロケーション。
その道を、夜桜見つつダラリ酒飲み散歩。素敵酒。切なくもなるけどいい感じ。
これは春にしか味わえないいい気分。今から楽しみ。

そのウチの近所の桜は3分咲き。今週の土日が見頃か。
今回の画像は記念すべき今の携帯で初めて撮った写メ。俺のアパート横の桜が満開。
2005年の4月6日だそうです。今年は去年より開花が早いようで。



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

蝿の王
rai1-5.jpg

給料日なのでとうとう『FFXII』を購入。

早速帰ってオープニングを観てみる。相変わらずの鬼CG凄まじい美麗さ。
そしてここ最近、悪魔やら大正の帝都やら呪いやらな世界に浸りきっていたので、
そのザ・ファンタジーなその爽やかさMAXな世界観に目が眩む。結婚式とかしてるし。

プレイしてる人の日記も読んでやりたくなってるけど、それをそっと胸にしまう。
そして『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のやり込みを開始。
もうクリアしているこのゲーム。
今回で言う「やり込み」とは、今作最強の悪魔、蝿の王・ベルゼブブ様を仲魔にする事。
その為にはレベル80まで上げないといけない上、
一回の戦闘で百体の悪魔が襲いかかってくる『百鬼夜行』を何度かクリア、
その後現れるベルゼブブ様を倒し、ベルゼブブ様を召還できるように。
燃えるわ。裏ボス戦というのはいつ戦ってもいいものだから。

という事で、その後拝謁賜る事ができた蝿の王の御姿を。
やり込み的には、2周目に現れる、ライドウに憧れるジャックフロストという悪魔、
通称『ヒーホー君』がライドウをパクった悪魔『ライホーくん』を仲魔にする事くらいか・・・。

再プレイはいつになる事やら。


テーマ:ゲーム日記 - ジャンル:日記

白夜行
img_497917_3989967_0.jpg

この日、珍しくずっと見てたドラマ『白夜行』が終わって。
最終回の余韻に浸る事30分。買っておいたが読まなかった原作本を読み始める。
ドラマとは構成が違うという事なのでどう違うか。ドラマよりええのんか?と思って。

ネタバレな事を書きますが。
小説では、いくつもの事件が起こり様々な人が巻き込まれていく。
そしてその犯罪の背後に次第に浮かび上がってくる桐原亮司唐沢雪穂
小説では、その二人の犯行そのものや犯罪の動機はあまり描写されないまま終わる。

そして俺の観てたドラマでは、小説とは全く別の方向から描かれる。
桐原亮司と唐沢雪穂が、何を思い、何のために、どうやって犯行を重ね、
そしてその結末がどうなったか、ほぼその2人の視点を通して語られる。
登場人物もなるべく少なく、物語も分かりやすく。

ドラマの方は、小説版のタネ明かしというか、分からなかった所を補完してる感じ。
このドラマが小説の作者の意図する通りものかどうかは知らないけど。
ほぼ同じ物語を、事件を追う側と事件を起こす側の視点を全く逆にして、
それを凄まじくロマンティックに味付けするとドラマ版のできあがりみたいな。

最初にドラマを観た俺としては、小説版はとても味気無く感じる。
『風と共に去りぬ』のレット・バトラーのように、
雪穂を幸せにしようという決意を語る駅のホームや、
幽霊のような男がある男がずっと自分を見てくれていた事に涙したり。
そこらへんの情緒的な事はドラマにまかせて。みたいな感じなので。

小説読んでも、犯行のトリックや動機が大体分かってるのであまり驚きも無く。
小説だけ読んでたら、「ああ。こういう繋がりが」「だからこんな事したの」と、
そこに驚いたり感心したりするんだろうけど、もはやそうはなれない。
どちらから見るかで印象変わりそう。

しかし面白い。ドラマを逆から見たっぷりが。こういう作り方もあるんだなと。
小説を読んでドラマ作った人らを凄いと思った。
勿論小説の作者もすごいと思うけど。他読んでないので何とも言えないんですが。

でも、先に小説読んでそのあとドラマ観るのがおすすめかと思います。多分。



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』クリア
rai1-4.jpg

この日『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』をクリア。

大正の帝都、ひいてはこの国の未来を守った、帝国無双の葛葉ライドウ。
やはりいいゲームだった。メガテンシリーズにハズレは無いな俺的に。
メガテン信者たる所以。

バトルフィールドで、召喚した悪魔と共にバスバス敵悪魔を斬りまくる。
突然のアクションバトルでビビッたものですが、慣れれば斬るのも爽快。
普通の人に見えないのをいい事に、街中を悪魔を呼び出し連れまわして歩けるのも良い。

ラスボスが、戦艦大和が変形した巨大ロボなのも最高。
そして続編が期待できそうなラスト。また会いたい。

しかしこのゲームは世間からあまり気にされなかっただろう。
そうマイナーになってしまうゲームじゃないと思うんだけども・・・。


テーマ:ゲーム日記 - ジャンル:日記

生風味いくら
20061209005518.jpg

家でも美味いパスタが食えないかしらと、様々な市販のパスタソースを食す俺。
今まで気にはなってたけど、おそらく期待はできないと思い買わなかったブツを。

生風味いくら。
ふりかけるだけで手軽にいくらパスタが食えますよと。
この感じ。かつてのイカスミパスタソースの悪夢が甦る。
しかし勝手知ったるいくらの味。そうハズす事は無いだろう。

茹でる。かける。まぜる。見る。いくらが消えた。
少なすぎるよいくらが。そして小粒。俺のパスタの量が多いのもあるだろうけど。
食す。いくらの味が全くしねえ。同封の「だし醤油ソース」に味が消されてしまった。
それならそのいくらを一粒だけで食ってみる。味がしない。

まあ、そんなもんだと・・・。美味いいくらであの値段な訳無いわ。
いくらを袋からパスタにかける際に自分でかなり潰してしまったのも原因であるし。
マズいワケじゃないけど、だし醤油の味しかしない。
そういうものだと分かっていても。そういうものだと分かっていても。

いくらが大好きなんで、微かに期待してしまったこの気持ちをどうすれば。
明日町田の『ザ・丼』に行って「いくらしゃけとろ丼」を食えばいいのか。
リベンジとして。

20061209005526.jpg

食ってきました。おいしゅうございました。




悪魔と打(ぶ)とう。
rai1-3.jpg

本日『FINAL FANTASY XII』の発売日。
早速ヨドバシに並んで買ってきましたよ!

という人がたくさんいるのだろうな。
俺はしばらく買わないのですが。ヤバいので。
懐具合もヤバいけども、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』へのハマり具合が。

正確に言うと、そのゲームのミニゲームに激ハマリ中。
FFシリーズでもさんざハマった、ゲーム中のミニゲーム。
カードゲームやらブリッツボールやら。
全国に散らばるカードを求めさすらい、カードをひっくり返しまくった日々。

そして『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のミニゲームは『麻雀』
バイトと麻雀に明け暮れた大学時代が甦る。
悪魔召喚士ライドウが召喚した悪魔2体と、探偵社の鳴海の4人で卓を囲む。
当然勝ったら現金が。今はもう麻雀ばかりでストーリーなど進みはしない。

麻雀をするために手に入れるアイテム、
『放浪の三元牌』『哭きの数牌』『テツヤする点棒』『アカギれ四風牌』に笑う。
近代麻雀だったりマガジンだったり。

画像は、タンヤオドラ2をアガり、大喜びの外法属のモコイさん。飼い犬に手を噛まれる。
今日もまた悪魔とアツく打(ぶ)つのさ。


テーマ:ゲーム日記 - ジャンル:日記

『Circle』
KAELA2.jpg

木村カエラ 2ndアルバム『Circle』を買った。
初回盤はシングル「リルラ リルハ」「BEAT」「You」のPVもついてアラお得。

普段買ってる音楽は、ロックでゴリゴリ。テクノでピコピコ。
そんなんばかりだけども、たまには女性ボーカルのポップな曲でもという気分にも。

(。・ω・)=〇)3`).。oO(これが・・・『癒し』か・・・).*. :

そうは思っても買うのが無かったり。
中島美嘉のベストを買おうとしたが好きな曲が入ってなかったので断念したり。
「HEAVEN ON EARTH」、シングルじゃないのかしら。まああまり知らないんですが。

KAELA1.jpg

そこで毎日観てるtvkの番組『saku saku』でお馴染みなカエラちゃんのアルバムを。
「ちゃん」付けする有名人てカエラちゃんくらい。恥ずかしいので「ちゃん」付け。
カエラちゃんは番組中そう呼ばれているので。
今はすっかりアーティストしてますが、アーティストになる前から番組やってたんで、
俺の中ではまだ変な人形とコスプレキメたり屋根の上で適当なトークをする娘さん。
『JAPAN COUNTDOWN』等で音楽について語ってるカエラちゃんを観るといまだ違和感。
失礼ですが。

シングルの曲などは当然『saku saku』内でヘビーローテーションなんで聴き慣れてるし。
英詞の曲が前のアルバムでもこのアルバムでもいい感じ。
さすがイギリス人の父と日本人の母・久美子とのハーフだけある。
かどうかはよく分からない。洋楽聴くくせ英語力はないので俺。
このアルバムでは「You」が一番好き。キットカットの曲「Circle」も。

このアルバムを、この日にあげたい人がいたりも。



テーマ:音楽生活 - ジャンル:日記

帝都に怪人・赤マント現る
rai1-2.jpg

この日曜は『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』づくし。
悪魔を連れて、大正の帝都を探偵・葛葉ライドウが駆け抜ける。

つっても話は全然進んでない。
悪魔と共に戦い、悪魔の忠誠度を上げては『悪魔合体』で強い悪魔を作り。
その悪魔を連れて戦い、強くなったらまた合体に使い。
殆どストーリーが進まないけど実に楽しい。

最近のストーリーは、ライドウの目の前でさらわれた令嬢の叔父さんが、
何でか知らんが『怪人赤マント』に変身、逃亡。
その赤マントを追い詰めたと思ったら正体は別人。つうか赤マントが何人も。
そんな感じ。さて寝よう・・・。明日も早く帰って悪魔を育てるぞう。


テーマ:ゲーム日記 - ジャンル:日記

でれおさんのお宅訪問ファイナル
20061008220401.jpg

カブを1カブ141ベルで全て売っ払い、とうとうローン全て払いきる。

たぬきちには老後のための貯金を勧められる。
そして初めてサイハテ村に募金をしてみる事に。
5万募金したらぺりこにスゲエ驚かれる。
それによりもう畑の整備が始まってしまったサイハテ村。
しまった。もう少し少しずつすべきなのか募金というものは。
善意の募金が何だか嫌な感じに。黒柳徹子です。いや、本文とは無関係徹子。

それを記念して、でれおのお宅訪問。
今部屋の模様替えをしてるけど、これが最後の模様替えなつもりで凝りに凝る。

その中のひとつ、王家の谷部屋をご紹介。
『ミイラのひつぎ』を部屋の側面に6つ、その合間に『たいまつ』を。
当然『ツタンカーメン』が2つ置かれ、『スフィンクス』2つそれを守る感じで。
当然『ピラミッド』も。『うしのほね』で雰囲気出して。
何故か中央に祀られるモサキチサラちゃんの写真。

右上には、火なクセに灯りにならない『たいまつ』に代わり『ろうそく』を。
左上にはさりげなくラジカセを隠し置き、部屋に合うBGM『けけガムラン』を流してみたり。
壁紙と床はオリジナル。スーマリの地下ステージの壁とブロックの柄を。地下っぽい。
そしてでれおがミイラ男になり、ハイ完成。

もはや部屋として機能してないこの部屋。でも気が済んだ。
もうこの部屋をいじる事はないと思われるので皆様に公開。
あと4部屋あるけど。また、いずれ。




テーマ:ゲーム日記 - ジャンル:日記

決定、バケツでごはん。
20061110214703.jpg

あのポーションガブ飲みしたペンギンの名が決定。
奴の名は『ギンペー』。キリコ。こんなんしてる俺三十路。

千葉県にお住まいのMさん、おめでとう!アナタが3人目。
1人目のRさん、2人目のMさんもありがとう。

ブログのメインにはならないだろうけど、画面の片隅にヤツはいる・・・かも・・・。
部屋に遊びに来たプリンと写メを。ギンペー・オンザプリン。



テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

発掘
20061109204504.jpg

真夜中の小論文日記。

試験勉強の如く、時間が無いのについ他の事をしてしまう。
小論文から逃げたくて仕方無い気持ちの表れ。
書く事書いたと思って文字数数えたらまだ半分にも満たないし。
アッタマ痛いし喉は痛いし。こうも揮わないのならさっさと寝るべきか。
そうは思っても、いつまでもいつまでもチラッチラ文章気にする小さい俺がいる。

そのくせまさに試験勉強の時のように、何故かDVDやゲームの並べ替えをしてみたり。
テレビの下に平積みになっているゲームやDVDを除けてみると、
そこには実家に送ったと思っていたプレステのソフトたちがゴソリと。
こんな所に隠れていやがったのか・・・気付かなかった。うかつ。

『チョコボの不思議なダンジョン』『FF』7~9。『ペルソナ』シリーズ。
デビルサマナー『ソウルハッカーズ』。そしてなぜか『桃太郎電鉄』が。
ああ。石版探しがいつまでもウザすぎて投げ出した『DQ7』までが。

スッゲエやりたいぜ。それにせめて1週間前に見つけていたら楽しかったのに。
早く小論文を終わらせまずは『ライドウ』を。そしてそこらの懐かしゲームをいじりたい。
それだけが今の俺のモチベーション。でも今日は時間切れ。
それでは皆さんお休みなさい。治れ、風邪っぽいやつ。



テーマ:ゲーム日記 - ジャンル:日記

三つ指ついてお迎えプリン。
20061110214656.jpg

帰りにアパート近くのラーメン屋でラーメン食おうと、バスでアパートを通り過ぎる。
一つ先のバス停なので。
通り過ぎる瞬間、プリンの定位置・ヤクルトの自販機の上をチェッキング。
いたわしっかり。そしてラーメン食う。その店はヘビーなBGMが流れていい感じ。
NIRVANAやら色々なCD飾ってあるし。趣味だ。いい店。
客俺ひとり。不味くはないんだけども。

ラーメンを食い終わりアパートへ。自販機の所に行くとプリンが消えている。どこへ。
部屋に戻ろうとすると、階段の所にプリンがお迎えに。「ニャー」と。
いつものように俺が階段昇って部屋に戻ると、プリンはダッシュでベランダに。

エサをガッツガツ食ってさっさと帰るプリン。
待っていたのは俺なのかエサなのか。つれないぜ。



テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

雨の西まかい村
20061008210400.jpg

本日のまかい村は1日雨。
今日は部屋を一歩も出ないと決め、カーテンもロクに開ず過ごす俺。
まるで俺まで雨の日のような気分に。晴れてたよな東京・・・多分・・・。

携帯のアラームまでかけて午前中に起き、白カブを買う。
いくら買ったんだか。もう数えんのが面倒。確か1カブ107ベル。ちょっと高め。
現在大規模なお部屋の模様替え中なのでカブの置き場所も無く、
仕方無しに家の周りに敷きつめられる白カブたち。
盗まれないよう、真ん中にはミイラ男がスタンバイ。
『ほうたい』と『ほうたいのふく』で変身。よく見えないか。
そこを見張れ。あそこを見張れ。死刑執行。13課。

そして『葛葉ライドウ』を思くそプレイしてしまう。
ストーリーも進めず、悪魔を仲魔にしては忠誠度を上げ共に捜査。そして共に戦う。
ヒーホー君を仲魔にしたあたりで我に返り、焦る。
書き甲斐が最高に無い小論文を書かないといけなかったのに今日。

そして『森』の部屋作りのために注文しまくった品が届くのを待つ。
どれくらいで届くんだアレ。すぐに届く時もあれば、かなり来ない時もあるような。
まるで実際の注文した品物のよう。早く来ないかしら牛の骨その他。

いずれ公開できるかしらニュー俺の部屋。
何故思いついてしまったんだ。っつう死ぬ程手間のかかる部屋もあったり。
1週間くらいかかるやも。俺の持ってない使える家具もあるだろに。攻略本があれば・・・。

ああ。だから小論文書かなきゃいけないんだって・・・何もやってねえ今日。




テーマ:ゲーム日記 - ジャンル:日記

泣きのデレ
img_640465_3988995_0.jpg

手渡されたのさ泣きのバトン。Cryingサーティーマン(三十路男)。

[1]どれくらい泣き虫ですか?
⇒爽やかな別れのシーンとかに弱い気が。そんなん見て密かにウルリ。初級。

[2]一番泣けた漫画は何ですか?
⇒『G戦場ヘヴンズドア』。最終巻ヤバい。

[3]一番泣けた映画は何ですか?
⇒『今を生きる』観て泣きそうになった少年の日。あれから映画で泣けた事は無いような。
 大人になったのか観るの選んでるのか。

[4]一番泣いた曲は何ですか?(歌詞・曲調など詳しく)
⇒実際泣きませんがBUCK-TICK『FLAME』。hide『FLAME』。偶然。
 静かに情熱的で哀しげな歌詞がツボか。イエモンも良い。泣くには。多分。

[5]一番泣いて、さらに落ちた曲は何ですか?
⇒これも実際泣きはしないですが吉井和哉『CALL ME』。
 センチメンタリィな回顧俺に変身。そして落ちる。

[6]友達の言葉で泣いたことはありますか?
⇒あまりに情けない事を言う友人に「泣けるぜ」と。そんな感じでなら。

[7]一番泣いた時は何ですか?
⇒半年前の突然のお別れ。

[8]泣きたい時何処で泣きますか?
⇒意地でも一人でいる場所。

[9]泣きたい気分の時何をしますか?
⇒「泣くと気分が良さそう」気分を消すためボーッと酒をクピクピ飲んだり。
 ややこしいですか。

[10]今、泣きたいですか?
⇒泣こうと思って泣くのは俺的にアレなので泣きたくありません。

[11]泣いて泣いて泣きやんだら元気になれますか?
⇒B'zぅぅ!?

[12]涙は何味でしたか?
⇒うすしお。

[13]泣いたら慰めてあげたい人、7人
⇒バトン回す人ですか。7人無理・・・。



テーマ:バトン - ジャンル:日記

完成、白カブ御殿
20061008210352.jpg

今日のまかい村。

白カブで儲けた金で80何万のローンを返し、最後の増築が終了。
とうとう1階4部屋・屋根裏部屋1部屋の『白カブ御殿』が完成した。

やったよ!喜びのジェントルでれお。
最後の増築分の90何万ベルのローンが残ってるけども、そんなのはすぐに返せる。
もう80万ベル以上あるしな。まだ収穫してないフルーツ達も。白カブ成金。
明日もまずはローン払う前に白カブ買うけど。
『おうかん』がまた店頭に並んだ時、いつでも買えるように金儲け。白カブの錬金術師。

早速あるテーマで部屋をデザインしようとするものの、本日はフリーマーケットの日。
部屋で家具をゴチャゴチャ入れ替えてると、
村の住人が俺の『うちゅうステーション』を狙って家にやってくる。
住人が部屋にいると家具を動かしたりができないし。ウザい。
フリーマーケットと言えば、俺も狙ってたのさライオンのキングのキング家具。
しかし全然部屋に戻らないじゃねえかキング。汚ねえよ買い物させろ。

という事で日付が日曜になるまで部屋の整理は保留。
そういやそろそろ雪だるまグッズの部屋は潮時だろうか。凍えるさその部屋。

部屋だけでなく、現在まかい村全体の改造計画進行中。
まだ人に言える段階では無いですが、今日はオノを4本使い切ったとだけ言っておきます。
これから忙しくなるぜ。攻略本買おうかしら・・・。




テーマ:ゲーム日記 - ジャンル:日記

ヨコハマ、すれちがい
20061008210344.jpg

『横浜線ですれ違い通信』の意。ムード歌謡的。

最近仕事帰りに『どうぶつの森』のすれ違い通信をしている俺。
『どうぶつの森』のすれ違い通信やってる人同士が近くにいると、
予め手紙書いて流した『メッセージボトル』を交換できると。
それ以外にも色々な影響が。
相手の人の村の星座が見えるようになったり、その村の住人が引っ越してきたり。

俺は主に横浜線上、八王子から町田で。
つうかすれ違い通信をやってみるものの、部屋に着く頃にはやってた事を忘れ、
夜落ち着いた時に森ろうとDS開いた時に「何か届いたようだよ」言われて、ああそうだと。
なので、電車の中ですれ違ったのか町田ブラついている時にすれ違ったのか分からない。

俺の書く手紙というかメッセージは、
勝手に俺の好きなものの宣伝(○がつ△にちはつばい!とか)だったり、
勝手に、都会でのたぬきちのドラマ・連載小説『たぬきちの空』を書いてみたり。
タイトルで1行、本文3行なので、絶望的に話が進まない。内容もウワー超てきとう。
以前本文書いてないボトルを流してしまったりもした。
受け取った人は、さぞかしなっかりしただろう。スマンかった。

そのおかげで数人の人からメッセージやプレゼントが届いたり。
そしてこの前、知らない村からクマのポンチョくんが引っ越してきた。
画像参照かわいいぜ。しかしキャラは筋肉バカ。かわいいので許す。
もしかしたら俺の村の住人も、どこか知らない村に引っ越しているやも知れん。

すごいぜすれ違い通信。今後も続行。




テーマ:ゲーム日記 - ジャンル:日記

葛葉ライドウが家にやってきた
rai1-1.jpg

今日は『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の発売日。知らない人は知らない。

一昨日Amazonで注文していたので、部屋に帰るとドアに運送屋からの不在通知が。
不在通知見て運送屋に電話してる時に丁度やってくる運送屋。
代金払ってライドウゲット。ネットって便利ねえ。

さっそくプレイしたいけども『白夜行』観なきゃいけないし、
色々しなきゃいけない事もあるんで、思い切りプレイできないのが恨めしい。
今はゲームのオープニングを流しっぱなし。いいわ。とてもステキゲーム。

舞台は大正20年の帝都・東京。
大正20年なんて年はないので、まあ、大正時代をモチーフにした架空の世界という事で。
主人公は、探偵として働く悪魔召喚士・葛葉ライドウ
陰陽師みたいな感じで呼ぶのは悪魔。めっさスタイリッシュ。
学生服みたいな制服がステキ。

たった1つの真実見抜く、見た目は学生、仲間は悪魔。その名は名探偵ライドウ。
探偵の捜査に悪魔を呼び出し、悪魔に読心術使わせたり、
火を点けさせてみたり、凍らせてみたり。
一般の人が見えないのをいい事に悪魔を忍び込ませてみたり。
使える。探偵に悪魔。
まあ当然バトりまくるんですが。バトルはちょっとアクション入ってるみたい。

マニアックだと思うのであまりオススメもできませんが。
皆はやたら肌の露出の激しい主人公がアレな『FFXII』でもやればいいのさ。
俺はライドウのおかげで、『FFXII』はしばらくお預け。


テーマ:ゲーム日記 - ジャンル:日記

真・女神転生III -NOCTURNE- マニアクス 12
20061221193752.jpg

ギンザ大地下道

思念体
「キミ、イケブクロに行く気かい?なら、このホールを抜ければ、すぐにイケブクロだよ。
 でも、マントラ軍に捕まって、戻って来れたヤツはいないらしい。
 ……ゴズテンノウはハンパじゃない。せいぜい気をつけなよ。」

思念体
「もし、マントラとニヒロがヤリ合うことにでもなったら……ココも、ひとたまりもねえなぁ。」

ギンザ大地下道を抜けてゾウシガヤ霊園へ。


ゾウシガヤ霊園

思念体
「ここを出て北に進むと、イケブクロじゃ。
 マントラ悪魔がわんさとおるわい。ナンマンダヴ……」

>泥のカタマリが大量に打ち捨てられている…
>泥のカタマリはヒトのかたちに見えなくもない…

ゾウシガヤ霊園を出てイケブクロへ。


イケブクロ

マントラ軍の悪魔
「何だてめえ。見ねえ顔の悪魔だなあ。
 ここがマントラ軍の領地イケブクロと知りつつ入り込んだのか?」


(そうだ)

「……そうか。度胸はあるようだな。だが、度胸だけじゃダメだ。
 ここじゃあ力の無いヤツはくたばる必要があるんだよ!」

突然襲いかかる悪魔を倒し先に進む。

悪魔
「ニイチャン……オレたちゃあニヒロみてぇにアマくねえから気ぃつけな!」

悪魔
「世の中、力こそがすべてだ!自分の身に降りかかる問題は、自分の力で排除するしかねえ。
 そう思うだろう?」


(答えたくない)

「なんだよ、ハッキリしねえヤツだなあ……」

思念体
「マントラ軍って、ニヒロとは大違い。本能まかせに暴れたがる悪魔の集団なの。
 本営ビルのゴズテンノウが親分よ。」

マネカタ
「この先の高いビルが、マントラ軍の本営だぞ。
 よほどの事が無い限り、近づかないのが身のためだぞ。」

マネカタ男
「マントラ軍の悪魔は、本能のままに暴れ回るぞ。
 でも好き勝手やれるって、ちょっとうらやましい。」

悪魔
「間もなく、ゴズテンノウからニヒロ襲撃の号令がかかるはずだ。……ウデがなるぜ!」

マネカタ男
「マントラ軍は、マガツヒを搾り取るための施設をカブキチョウに持っています。
 仲間のいくらかは、そこで絞られ中。」

思念体
「以前、どうしようもないオニの4人組がマントラにいたんだ。
 でも、トールのゲキリンに触れて追い出されちまったよ。
 噂じゃ、夜盗に成り下がったらしいが、スゲー強かったって話だ。……あんた知ってるかい?」

ヒーホー君
「オイラ、あの偉大なキングを目指して、マントラ軍に入門しに来たホ!
 ………でも、怖くて中に入れないホ~。…炎も熱いホ。」

マネカタ男
「ヘマして捕まりました。大地下道から連行されました。」

思念体
「マントラ軍は、No.2のトールって悪魔が仕切ってるよ。
 トールのお陰で、随分と組織らしくなったな。」

思念体
「人間の少年が、マントラの本営ビルに入って行くのを見たわ。」

悪魔
「オレたちは強者だ!弱えーマネカタ使って文句あるか!ヒャハハハ……」

マネカタ男
「ボクたち支配されてます、コキ使われているんです。ああ…人生はハカナイ……」

マネカタ男
「マントラ軍の本営ビルは、ここの本館から入れます。でも…うかつに近づくと逮捕されますよ。」

マネカタ女
「マントラ軍は、ワタシたちからマガツヒを搾り取っております。」

悪魔
「ゴズテンノウは、オレたち悪魔に力を与えてくれるぞ。スゲー力だ、ホントに。」

悪魔
「ニヒロ機構はダメだ!ニヒロ機構はクズだ!……マールカジリだ!」

悪魔
「ニヒロ機構の悪魔なんて……人間に飼われてる犬だ……腰抜けのあやつり人形だ!」

>扉の先から声が聞こえる……


「……なんだよ貴様っ!オレは何にも……………………」

>声は聞こえなくなった。
>マントラ軍本営に入る。


「なっ…なんだよ貴様っ!!オッ…オレは何にもしてねえっての!!
 また……!?オ、オマエ…、銀か…!?た、助けてくれっ!
 こんな所で時間をくってるヒマはねえんだ!祐子先生が……っ!!」

悪魔に殴り飛ばされ、魂のようなモノを抜かれ、気を失う勇。

トール
「見かけぬ悪魔だな?このマントラに足を踏み入れし者は全て我が裁きを受けてもらう。
 そいつを捕まえておけ!」


マントラ軍本営

看守悪魔
「おい! 起きろ!いつまでも寝てるんじゃねぇ!オマエはこれから裁判を受けるんだぞ?
 力による決闘裁判だ!潔白だと言い張るのなら、死ぬ気で相手をねじ伏せてみろ。
 まあ、オマエには無理だろうなぁ……ひゃははは……!」

>壁の向こうから声が聞こえる……


「ボクをここから出して下さい!マントラ軍はどうかしてます!
 ボクは戦うなんてダメなんです。誰か助けて!」

>壁の向こうから声が聞こえる……


「おや、新入りさんかい?どうせ、あらぬ罪でも着せられて、牢に押し込まれたクチだろうねぇ。
 だが、マントラの連中にゃあ、理屈など通用せんよ。
 アンタもそこから出たけりゃ、自分が強いことを力で示して、無実を証明するんだね。」

看守悪魔
「裁判を開廷する。出ろ。」

捕囚悪魔
「おや、アンタ。戦う順番が回ったようだねぇ。
 アタシも、こんな所に閉じこもってないで、早く戦いたいよ。
 あぁ、若い男の血が欲しい……血が欲しい!血が欲しい!」

マネカタ
「どうしてボクが、戦わなくちゃダメですか?ボクは潔白です!ここから出して下さい!」

>牢は固く閉ざされている……

看守悪魔
「何だオマエ。裁判を受けるのなら、さっさと反対側の扉に行けよ。
 それともオレサマを買収して、裁判の裏情報を聞き出す気か?」


(そうだ)

「……オマエ!被告の分際で…………なかなか分かってるじゃねえか!
 ホラ、誰かに見られる。さっさと200マッカよこせ。」

>200マッカ払う。

「よし……じゃあ耳の穴カッポじってよく聞けよ。
 いいか?オレたちマントラの流儀では、裁判はバトル3連戦で白黒つける。
 で、その3連勝に勝てなきゃ有罪、……すなわち死刑だ。
 死刑はオマエの悪魔人生のゲームオーバーを意味する。せいぜい準備ぐらい整えとけよ。
 ……なに?もっと教えろだと?なら、もう200マッカだ。こっちも命懸けなんだよ。」

>200マッカ払う。

「よしよし。じゃあ、オマエが裁判で戦う相手の情報を教えてやろう。まずは……
 ……!」

看守悪魔
「おい、何をしてるんだぁ?またヨカラヌコトをしてるんじゃないかぁ?」

看守悪魔
「な……何でもねぇよ!……そう!コイツが道を間違えたんだ。だから注意してたのさ!」

看守悪魔
「へぇ……そうかい。そりゃあ親切なこったねぇ………………」

看守悪魔
「ふぅ……あぶねぇ、あぶねぇ。アイツ、足音ねぇから気付かなかったぜ。
 ……よし、続きだ。対戦相手の情報だったな。
 まず、初めの対戦相手は、炎で被告を焼きまくる悪魔だ。
 炎といえば、アレに弱い。アレだよアレ、分かるだろう?
 次の悪魔が、衝撃的な魔法を使うレディーだ。ルックスも中々の衝撃系だ。
 ……男の魅力で感電させるか?で、最後だ。
 最後は、マントラ軍No.2のあのお方だ。キツーイ雷落とされねえよう、せいぜい気をつけな。
 ちなみに、弱点なんて無いぜ、あのお方には。
 ……さあ、情報はこれで全部だ。さっさと準備を済まして、反対側の扉に行け。
 ……またアイツに怪しまれるだろう?」

決闘場へ。

悪魔裁判官
「これより、我らマントラの流儀にのっとり、決闘による裁判を開廷する。
 被告アマギンは、速やかに闘技台へと移動せよ。

 …被告アマギンは、ふてぶてしくイケブクロをうろつき、挙句に、我らの本営ビルに入り込んだ。
 さらに、目撃者の証言によれば、ギンザの大地下道を通って来たとのことで、
 ニヒロのスパイの可能性もある……。
 このイケブクロの街は、我らマントラ軍の縄張りだ!
 我らの縄張りで、新参者がデカイ顔するだけでも、十分有罪に値する!」

オルトロス
「判決ヲ 下ス…………オマエハ 死刑だ。死刑以外 アリエナイ。
 オレノ 心ヲ満タス死ニ方ヲ 考エロ。準備ノ時間ヲ クレテヤル。」

決闘が始まり、オルトロスを倒す。

「強イジャ…ナイ…カ……」

ヤクシニー
「オルトロスに勝てた程度じゃ、あんたに下った判決は覆らないわ。
 あんたは死刑なの……ああ早く切り刻みたい!」

ヤクシニーも倒す。すると地が震え出す。

悪魔裁判官
「いっ、いよいよだぜ……」

トール
「ワタシは……鬼神トール。ここまで見事な戦いぶりだった、と誉めてやろう。
 しかし……この私にも、キサマの力が通用するかな?
 我が裁きのハンマーをもって、キサマの力を試させてもらうぞ。
 ……キサマの力を見せてもらおう!」

トールを倒す。

トール
「……私をここまで追いつめるとは、……見事だ。
 どうやらキサマの奥底には、他の悪魔に無い何かが宿っているようだ。
 ……ゴズテンノウに会え。
 我らの指導者ゴズテンノウは、真の強者のみが生きるユートピア建設を目指されている。
 ゴズテンノウは、この本営ビルの最上階に在らせられるぞ。
 キサマの力で世界が変わるかもしれん。よく覚えておけ。
 おい、裁判官。アマギンに、無罪判決を下せ、私が認める。」

悪魔裁判官
「えっ!? 無罪?…はっ、ハイ!!……で、では、判決を下す……です。
 トール様の命令……いや…被告アマギンの力に免じ…………ここに無罪放免を言い渡す!
 ……これにて裁判は閉廷、被告は釈放につき、すみやかに退去せよ!」

看守悪魔
「チッ!トール様に認められるなんて、運のいいヤツめ……ホラよ。どこにでも自由に行きやがれ!
 ……そうそう。トール様が、オマエは顔パスだってよ。
 マントラ軍の本営内を、自由にウロついていいんだとさ。……気にいらねえ!」






Profile

デレスケ

Author:デレスケ



Recent Articles



今日のデレニール

MINI7.jpg



今月購入予定の本



Categories



Monthly Archives



Recent Comments



今日のまかい村

peshimichi.gif gureo.gif gurumin.gif pachiku.gif
opal.gif torako.gif yumeko.gif tacu.gif

2007年12月24日でまかい村を一旦凍結。        またいずれ。ウヒョー。



Link



Recent Trackback



Access Counter

現在の閲覧者数:

since 2006.10.2



ブログランキング

にほんブログ村 ゲームブログ FF11(FFXI)へ
にほんブログ村



Site Search





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。