ロックンロールなんですの(仮)
茨城で半引き篭もり。猫にゲームに漫画に音楽。大抵FFXI日記 。ビス鯖。タイトルは好きな曲名からランダムで。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を送る
20061017191548.jpg

ゆうパックで本を実家に送る。

俺はかなり本を買う。通勤のお供に・外食の時傍らに。
そしてすぐに部屋に溢れかえる本の山。
向かいのコンビニでダンボール箱を貰い、本つめて実家に送るのが恒例に。
いい加減実家の俺の部屋の床が抜けないか心配。
それを俺の部屋に運ぶ親の腰とかも。

送るものを漁ってる途中、『スラムダンク』『俺たちのフィールド』など、
懐かしい名作が次々に発掘され、いちいち読んでしまい作業が滞る。
送るハズだったそれらをそのまま読み続けています。
ミッチーイカスな・・・。画像はメガネ君。

そして部屋中ひっくり返したためホコリが舞いまくり、
ハウスダストのアレルギーで鼻水が止まらない。くしゃみも。



スポンサーサイト

テーマ:ヲタクのメモ - ジャンル:日記

天国と地獄
20061208205825.jpg

俺はラーメンが好き。
仕事帰りにマンガ片手で食うラーメン。至福。
美味いラーメン屋は本当に美味い。当たり前だけども。
しかし本当に美味いラーメンにはそうは出会えない。

今日も職場帰り、乗換えの電車を待つ間ラーメン屋へ。
入った店には「天国ラーメン」「地獄ラーメン」というものが。
地獄ラーメンは他の店にも見られるコンセプト。そしてネーミング。
地獄の1丁目から2丁目と、数が増えるたびに激辛に。
俺は辛いのがダミなので天国の方に。
まろやかなとんこつ。しかしあまりおいしくなかった。

そして更に今、腹を壊している。
そのせいだけとは言わないけども何が天国か。



ひげよさらば
20061027205018.jpg

ヒゲを剃ってる夢を見た。
正確に言うと、ヒゲ剃ってた事くらいしか覚えてない夢を見た。

起きてみたらアレ?剃ったハズのヒゲがある。
ああ、あれは夢だったのか。みたいな。

こんなヒゲ剃る夢を見るのは人生2度目。
何てつまらない夢。普通すぎるも程がある。
俺はそんなに気にしてるのかヒゲを。
確かに毎日剃るの面倒くさい。剃ったって顔色青い感じがするし。
そのせいかたまに、自分的には絶好調だというのに周りの人に
「大丈夫?顔色悪くない?」とか言われたりするのさ。

無くていい。ヒゲなんて。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

ビューティフルサンデー
20061107205655.jpg

起きた。いい天気。こんな日は…部屋にいよう。

季節が変わると着るものないー去年何着てたっけー
などと女の子みたいな事も考え、服買いに行こうかとも思ったけども、
パスタ茹でながらパソコン見て。布団の上ではキャロが寝てる。

なんかまったりして外に出る気が失せました。
引き篭もりですね。やばいですね。
明日から外で聴くMDでも作ろう。
でもキャロのえさは買いに行かないと。



テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

3匹のこぶた
20061208205815.jpg

繋がった…3匹…
そういやキャンペーンの広告に『当ててつなげてブー』とあった気が。これか。
ニセ3連ストラップゲット。もういい加減どうでもいいですが。

(追記 2005年7月3日)
繋げたはいいけども、繋げたままだと何をするにも邪魔くさいので即分離。
取り敢えず自分の部屋のカギに付けて使っていたけれど、
いつの間にか1匹どこかへいなくなり今は2匹しか残っていません。



カメラ付き携帯で。
20061107205644.jpg

恥ずかしながらカメラ付き携帯を買ったのはついこの前。
前のはパカパカ開きもしないシロモノだった。画素数も数えられそうな程。

そして開催される、アパートで隠れて飼ってるねこ(キャロ♂)の撮影会。
この前彼女と別れたばかりで大して写真送る人もいないけれども、
撮ったねこの写真を外で見てニヤニヤしてしまい。
寂しいですか。



テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

真・女神転生III -NOCTURNE- マニアクス 01
20061120221945.jpg



女性の声
「……やがて来る、力を失くした世界。それは無へと、ただ向かうだけ。
 ならば、その世界を救うため、その身を母の宿りへと帰そう。
 世界は、また生まれるため、死んでいかなければならない……
 ……これが古き予言書にあった最後の救いの、道。
 世界はその罪で滅び、人はみな消えていく……
 でも、君にはそうなって欲しくないの。私は、あなたの命を留めておきたい。
 そのためには、君の名前が必要なの。さあ、君の名を言って……」

(天草 銀。呼び名は『アマギン』)ゲーム中俺が使ってた名。ウダヒマ。

女性の声
「…………そう、君は天草銀……
 これで滅びの時にも、あなたは生きる力を失わないはず。
 それを信じて、強く生きて。」


(話がわからない)

「今はわからないかもしれない…でも、ここで聞いたことは決して忘れないで……。
 そして私は……次の世界を育む者としてあるの。
 やがて来る世界を創るのが私の役目……さあ、私の名も呼んでみて。」


(『高尾 祐子』)

祐子
「そう……私の名前は…高尾 祐子。
 ……銀君。私はもう、世界の終わりにも涙を流すことはないでしょう。
 でも私は、次に生まれる世界でも君を見ていたいと思っているわ……。
 さあ、起きて。もう時間よ…………」

駅員
「代々木公園駅~代々木公園駅~駆け込み乗車はお止めください。ドアぁ閉まります。」


代々木公園駅

>携帯電話がメールを受信した。

メッセージ
「遅いー。遅すぎるぞ天草銀。祐子先生のお見舞いに行くの今日だって忘れてないだろうな?
 早く代々木公園に来い。先生に会う時間も減っちゃうだろ。」

>クラスメイトの新田 勇からのメールだ。

メッセージ
「ホントは一緒でなくてもいいんだけど、なんか祐子先生、オマエがいると優しいんだよな…
 でもオマエは単なるムードメーカー。ソコんとこは、わきまえて来いよ。」

改札を出ると駅員に話し掛けられる。

駅員
「お客さんも、代々木公園の見物ですか?
 あんな事件があった後だから、ヤジウマは増えたけど、利用客はめっきり減っちゃってね……。
 いやあ、ヒマですよ。……あれ? もしかして、あの事件をご存じない?」


(はい)

「……ええと、ですねぇ、昨日、駅を出てすぐの代々木公園で、暴動事件があったんです。
 まあ、詳しいことは街頭ビジョンのニュースでも見てもらうとして……。
 とにかく死者が出るほどの大事件で、
 救急車やらパトカーやらのサイレンが一晩中鳴り響いてましたよ。
 いや、失礼しました。いくらヒマでも、勤務中の私語はいけませんね。」

駅を出る。


新宿

男子高校生
「よお、銀じゃねえか。……そういえばおまえ、代々木のウワサ、知ってるか?」


(いいえ)

「なんでも、暴動のあった夜、代々木公園に悪魔が出たらしいんだ。
 で、悪魔が人を殺したって話なんだよ。……まぁ噂だね、単なる。」

>ニュース番組の中継が行われている……

レポーター
「……確かに、暴動を起こした市民団体の行為は行き過ぎです。しかし、都民の声を無視し、
 自社利益のために代々木の緑を破壊するサイバーズ社の横暴は許せません!」

>レポーターの熱弁は続いている……

>街頭ビジョンが、ニュースを伝えている……

キャスター
「昨日、東京都渋谷区の代々木公園で、通信塔の建設を巡り、暴動事件が発生しました。
 この暴動で辺りは一時騒然となり、
 建設反対派の市民グループに多数の死傷者が出た模様です。
 なお建設責任者であるサイバーズ・コミュニケーション社の氷川氏は依然行方不明のままです。
 続いては『築地哲太の火事騒音』のコーナーです。」

>ニュースは続いている……


代々木公園東入り口


「チッ……公園をまるごと封鎖とはな。現場写真の1枚も撮らせん気か。どうかしてるぜ……
 ……?……俺に何か用か?」


(何があったのか)


「テレビじゃ、こう言ってるなぁ。『企業と市民団体の衝突で死者の出る騒動に』……
 でも、裏の世界じゃこう言われてるよ。『姿を変えた、闇の勢力同士の争い』とな。」

>携帯電話が鳴り始めた。


「……ん?鳴ってるの、おまえのじゃないか?」

クラスメイト
「……もしもし、銀くん?わたしよ。やっと連絡がついたわ。何やってたのよ、もう。」

>クラスメイトの橘 千晶からだ。

千晶
「勇くんならともかく、君が遅れるなんて、何かあったの?今どこ? 代々木公園?
 あのね、あんまり遅いから勇くんと病院に来ちゃった。もう着くとこ。
 悪いけど、直接病院へ来てね。あ、場所わかる?新宿衛生病院。
 新宿駅から東へ歩けば、見えてくると思うから。
 まあ、いいわ。わたし、先生と進路について話したいと思ってるし、先にやってる。」


(お見舞いだろ)

「…何よ?わたしは未来の負け組と違って、考えることは考えてるの。
 ホントは君とか勇くんこそしっかりやらなくちゃダメなのよ。
 …とにかく、あんまり遅くならないうちに来てね。それじゃ。」

>電話は切れてしまった。


「ちょっと待て。おまえ……新宿衛生病院へ行くのか?
 ……次の行く先も一緒とはねぇ。これも何かの縁か。これをやるよ。まだ発売前なんだけどな。
 おまえ、ここであった事を/知らないんだろ。
 なら、これから行く病院がどういう場所かって事も知るまい。
 ヒジリ記者の『特集・ガイア教とミロク教典』。……読んでおいて損はないぜ。」

>月刊アヤカシを手に入れた。

ヒジリ
「オカルトの出る幕じゃないと思うかも知れんが……どっこい、あそこはそういう場所なのさ。
 ……なんてな。
 この世界じゃガセネタもよくあることだ。違ってたら、笑って許せや。それじゃあな。
 また会う事があったら、記事の感想でも聞かせてくれや。」


新宿衛生病院

千晶
「あ、銀くん。ようやく来たのね。ねえ、聞いてよ。この病院……ちょっと変なのよ。
 ……人が誰もいないの。ただ1人も、よ。
 見て。受付まで空っぽ。なんだか不気味でしょ。やだなぁ……
 いま勇くんに祐子先生を探してもらってるとこ。
 でも、なかなか戻ってこないのよね。こんな時ぐらいちゃんと働いて欲しいんだけど。
 あれ? ……何、その雑誌?」


(読む?)

千晶
「君の趣味でしょ?じゃあまた、くだらない本ね……月刊アヤカシ……聞かない名前ね。
 やだ、オカルト雑誌じゃない!こんな時に嫌だなぁ……でも、時間つぶしくらいにはなりそうね。
 ……あ、ねぇ、銀くん。勇くん探してきてよ。先生が見つかんないなら、こんな所、早く出たいし。
 たぶん、病室のある上の階にいると思うわ。わたしは、ここで待ってるから。
 ……あ、この雑誌は借りるわね。それじゃ、お願いね。」



テーマ:ゲーム日記 - ジャンル:日記

真・女神転生III -NOCTURNE- マニアクス 00
20061120221252.jpg

怒れる神の黙示、あるいは悪魔の王の寓話。
俺たちの世界は死んだ。

邪宗の男が告げた破滅、光は呼ばれおこる。
混沌―カオス―は地底の海より這い出す。

死が死を襲う焦土。
祈る神を探そうにも、いるのは悪魔と死神だけだ。

嘲笑う闇が俺に虚言する。
真実は、燭台の火の中に浮かび上がる、と。



「異界に消えたある男の手記」より



テーマ:ゲーム日記 - ジャンル:日記

リーチ後
20061208205803.jpg

揃った────!

使わないけど。



吉ブー2
20061208204120.jpg

今日も吉野家で豚丼並・玉子を食ってきた。

それは昨日余った券2枚とあと2枚手に入れて、
『玉ねぎBOOちゃん』を3つ揃えようと思ったから。
しかしそのキャンペーンの期間は明日の夜8時。
景品がくじ引きで選ばれるのが問題。

玉ねぎBOOリーチ。明日は頑張ろう。
昨日ゲットしたダブルBOOちゃん。明日はトリプルに。
どうでもいい事してるけども・・・。



吉ブーその1
20061208204104.jpg

ああ!
吉野家の「10枚集めると特製吉ブー三連ストラップが貰える!券」を、
やっと10枚集めたのに景品が品切れだと。クソが!

仕方無く4枚で貰える小さいストラップを2つゲット。
しかしかぶった…玉ねぎBOOちゃん2つ…。





Profile

デレスケ

Author:デレスケ



Recent Articles



今日のデレニール

MINI7.jpg



今月購入予定の本



Categories



Monthly Archives



Recent Comments



今日のまかい村

peshimichi.gif gureo.gif gurumin.gif pachiku.gif
opal.gif torako.gif yumeko.gif tacu.gif

2007年12月24日でまかい村を一旦凍結。        またいずれ。ウヒョー。



Link



Recent Trackback



Access Counter

現在の閲覧者数:

since 2006.10.2



ブログランキング

にほんブログ村 ゲームブログ FF11(FFXI)へ
にほんブログ村



Site Search





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。