ロックンロールなんですの(仮)
茨城で半引き篭もり。猫にゲームに漫画に音楽。大抵FFXI日記 。ビス鯖。タイトルは好きな曲名からランダムで。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しげる道2
20070210045341.jpg

皆も気になって仕方なかったであろう、水木しげるロードでお馴染みの、
鳥取県境港市観光協会の行っている妖怪人気投票。
ネット投票の前半が2月8日に終了。そのランキングが発表された。

[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:霊界探訪 - ジャンル:

時の流れに(猫風味)
07-01-14_14-04.jpg

☆猫バトン☆

・これが回ってきたら次に書く日記の語尾すべてに
 「にゃ」「にゃん」「にゃー」等をつけにゃくてはにゃらにゃい。
・「な、ぬ」も「にゃ、にゅ」にすること。
・一人称は必ず「我輩」にすること。
・日記の内容自体は普段書くようにゃ当たり障りのにゃいもので構わにゃい。
・日記の最後に5人!まわす人の名前を記入するのを忘れにゃいこと。
・既にやったことがある人でも回されたら何度でもやる事。
======================================================================

マイミクさんから回ってきたこのバトン。バトンと言うのかコレ。
よく分からないけども、書こうとした日記を語尾に構わず書いてみようと思う。

[READ MORE...]

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

しげる道
20061223135246.jpg

俺は妖怪が好き。ガキの時分から妖怪の本を読み漁ったもの。
中には妖怪の内臓まで研究してる本も。「この器官から冷気を出す」とか。ねえよ器官。
文庫版の妖怪辞典(上下巻)が宝物だったのにいつのまにか紛失。ガッデム。
今でも「妖怪」というものは、30過ぎた俺の心をも掴んで離さない。夏彦も読むさ。
そんな中、「水木しげるロード」で有名な鳥取県境港市がHPで妖怪人気投票を。
投票はこちらから→ゲゲゲ 現在一反木綿がダントツトップ。そんなに人気だったなんて。
投票というと絶対いる「美輪明宏」とか項目に無いのに投票する馬鹿。面白いとでも。
しかし「あの顔」の一般人キャラが「サラリーマン山田」として登場。おなじみ。

[READ MORE...]

テーマ:霊界探訪 - ジャンル:

独立運動展開中
img_473385_21226101_0.jpg

前々から少し興味のあったHP作り。
最近は、みなさんHPというか自分のブログサイトをサクッと作っていて。
俺もできるかしらんと思って調べてみたら、それは割と簡単に作る事ができた。
レンタルサーバーに人の作ったデザインで作ってるので『自分の』と言えるのかどうか。

ヤフーブログがあるのに、また少しづつブログを移してみたり。
画像を好きなだけ貼り、見栄え良く配置。文も気になったらちょこちょこ変えてみたり。
もうブログじゃないけども。HPのコンテンツのような扱いに。

まだメガテン系の日記を少し移しただけだけ。先は長いぜ。いつの間に日記が700以上も。
しかしこういう作業が俺は好きみたい。無用に凝ってみたりも。キレイに見えてればいいけど。
PC変えたら画面がワイドになってしまい、普通の画面ではどう見えてるのかいささか不安。

暫定的に公開してるだけですが、何かあったら知らせてもらえるとありがたいです。
内容については各人胸にしまっておいてほしいもの。内容同じだしゲームだし。
おかげで秋の夜長はヒマ知らず。



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

水の星へ愛をこめて
img_473385_16757239_0.jpg

今日仕事中、同僚に「○○さん(俺)て何星人ですか?」と聞かれる。
大人の男が「何星人?」と聞かれたら、当然「○っぱい星人」とかそっちの話かと。
しかしそれは「六星占術で言う所の何星人?」という意味だった。
勘違いした俺が何星人と答えたかは秘密。

俺は占いには特別興味は無い。信じてない訳ではないけど。
未来を占うっつうのは眉唾だと思うけど、占いは統計学的な所もあると思うので、
その人の性質とかそういうのは当たるのではと思ってる。
よく「あなたは○○タイプです」っつうのが当たってたりするのは、
生まれや何かの周期的な何かが影響して大まかなタイプに分けられるという事かしら。
そうならちょっと面白いとは思う。
でも、占い師なのに何故か偉そうに説教ばかりするオバさんは凄く嫌。

そんな俺が六星占術で言うと何星人なのか。
30にして初めて知った。俺は「水星人の陰(-)」らしい。マーキュリー。

性格は「財運抜群、だがクールな利己主義者」だそうで。格好良く言い過ぎ。
クールかどうかは知らないけども、「人生を常に醒めた目で見ている」のは当たってると。
ネガティブなので。
「他人は他人、自分は自分と割り切って」っつう所も思い当たる。良かれ悪かれ。
「恋愛・セックス面」も・・・まあ・・・当たってたなと・・・。

そして結婚・家庭面は、「家庭に恵まれぬ孤独者」という・・・。
ズバリ言われたわよ。
「水星人に与えられているのは、そもそも『孤独な世界』なのです。」だそうで。
これが悲しいかな一番よく分かる。

「晩年は淋しい人生を送りがち」とか言われると何なんですが、
「他人がウザい」とまでは思わないけど、1人でいるなら1人のままでいいと思う。
たとえネット上でも、「さびしいので誰かかまって~」なんて言ってる男を見ると、引く。
せめてそうならなくて良かったと思う。
趣味が趣味なので1人でいてもやる事あるし、全然寂しいと思わない。
こんなん言ってても、ありがたい事に色々ご縁があって、
ずっと1人でいたっつうのもそうは無いので言ってるだけかもしれないけど。

女の子と部屋でダラリと過ごしたり、外でブラリとデートしたりするのは当然好きだし、
エ(中略)のも当然好きであるし。
なので結婚がアレだっつうのはそれはそれでSHOCK(ショック)だ。
晩年ねこ(だけ)に囲まれてる俺が今から見えそうです。

しかしどうしても納得行かないのが「財運抜群」
残念ながらこれだけ全く当たってない。すざけんな。残念で仕方無い本当に。
「水星人の陰(-)」がそういうタイプでも、中にはそうでも無い人がいるという事か・・・。
金持ってないで孤独なんつったら最悪なんですが。




テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

img_473385_4294876_0.jpg

今週ジャンプの「DEATH NOTE」は、最終回ではなかったけども、
夜神月がノートに名前を書かれ、40秒間死の恐怖をさんざ味わった後に死んだ。
かなりキツい死に様で、夜神月ラブ♪なしょこたんが本気で心配。
そして黒バックに「人間は、いつか必ず死ぬ。死んだ後にいくところは、無である」と。
言われなくともそんな事は。

俺は死ぬのが死ぬほど嫌。子供の頃から30になった今でも怖くて仕方無い。
俺は30年間1度も「死んでもいい」と思った事なんて無い。まして自殺など。
死にたくなるような目にあってないからっつうのもあるだろうけど、
昔から「死んだら消えるだけ」だろうとずっと思っていて、
それを考えた時は本当にどうしようもなくなる。
叫びだしたくなる。今週の夜神月が自分にダブって仕方無い。
いつか「必ず」やってくるという事がどうしようもなく怖い。

ある時期、布団に入った時の暗闇で「それ」を連想してしまい、
毎晩どうしようもなくなってた頃も。
誰かと一緒に寝ててもひとりで電車に乗ってても「それ」はやってくるし。
いつもそんなんばっか考えてたら身がもたない。
普段はそう深くは実感しないで生活してるし、何かしててそんな事忘れてるのが普通。
しかし、あるモノを見ると否応無しに「それ」を深く実感してヤバくなる事が。
マンガなら「カイジ」の鉄柱渡りの話であったり、
「ザ・ワールド・イズ・マイン」の最終回であったり。

そして今日、「DEATH NOTE」のこの回が俺のデス地雷マンガの仲間入り。
今のままなら俺も死ぬ間際はあんなんだと思う。死ぬのが嫌で嫌で。
なんでこんな風になったのか。欲が深いのか俺は。

こんな風に考えるようになると、
大事な人やねこを亡くした日にはどんだけどうしようも無いか。
あの世もクソも、「死んだら消えてる」と思ってしまうので余計悲しく。
自分も含めて無理な話だけど、せめて親しくなった人はずっと死なないでと思う。
消えてしまうなんて堪らないので。俺も。

敢えてつっこんでみるけども、『死神界』はあるのに『あの世』はないのねデスノ。



テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

昔の事
20061028133930.jpg

昔の事を想う時、ふと浮かぶ話がある。
かなり昔の『世にも奇妙な物語』で、柳葉敏郎が出てる話。
タイトルは忘れたし話もあやふやだけども。

ある建物の中で、「どんな夢でも見れる装置」か何かで夢を見る敏郎。
その夢は、子供が産まれたものの夫婦喧嘩が絶えないありふれた家庭の夢。
その夫婦喧嘩がリアルっぽくて、昔の俺でも「結婚て切ない」と思わすのに十分だった。
熱出した子供のため必死に病院を探したり。色々な生活のシーンも。

夢から覚める敏郎。そして「とても良い夢でした」と。
建物を出ると砂漠のような荒野。どうやら核戦争後の世界らしい。
あんな疲れた生活の風景も、その現実にしてみればとても良い夢だったと。

今の俺の中身の無い生活をずっと後の俺が思い出した時、
「あの時は良かった」と思ったりするんだろうか。
そんな風に思うくらいにひどい有様だったらどうしようかしらと。

この事についての考え方でその人が「ネガ」か「ポジ」か分かりそうなものだけど。
人生がどんだけ楽しくてどんだけ辛いか分からないのが怖いと思う時が。
昔に戻りたいと思う時とかそんな風に思う。



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

img_473385_3990060_0.jpg

俺の職場の桜が今日開花。
朝来た時は咲いてなかったのに帰りに見たら咲いてたので。
ニュースでも俺の周りでもこの休みに上野やらどこぞやらに花見に行ってきたと。
もう春だと否応無しに思い知らされる今日この頃。

昔はいい気分だったけども、ここ数年の春との巡り合わせの悪さと、
これから暑くなるだけという事と、とにかく風が強い事。
それらが原因で俺は春が苦手。夏よりはいいけどあまり好きじゃない。
浮かれるっつう意味じゃなくなんかフワフワするし。

でも春は苦手でも桜は好き。
俺の地元は桜が名物。つうかそれしかない。小・中学校の通学路にはどこでも桜が。
春はいつも桜並木を歩いて学校に。ステキ通学路。
しかし季節が過ぎると全ての木から毛虫が現れ、歩道が毛虫に占領されるけど。地獄。

ちなみに俺の実家の最寄駅は「夜の森」と書いて「よのもり」と読む。
そんな雅な駅名の俺の実家。今は本当に何もない所ですが、名の通り木が多い。
春休みのあたりはまだ咲かず、GWには散っている実家の桜。東北なので。
もう何年見てないな・・・。

今俺の住んでる所の近くにもかなり長い桜並木がある。
川の両岸が桜並木。近くに墓もあるナイスロケーション。
その道を、夜桜見つつダラリ酒飲み散歩。素敵酒。切なくもなるけどいい感じ。
これは春にしか味わえないいい気分。今から楽しみ。

そのウチの近所の桜は3分咲き。今週の土日が見頃か。
今回の画像は記念すべき今の携帯で初めて撮った写メ。俺のアパート横の桜が満開。
2005年の4月6日だそうです。今年は去年より開花が早いようで。



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記



Profile

デレスケ

Author:デレスケ



Recent Articles



今日のデレニール

MINI7.jpg



今月購入予定の本



Categories



Monthly Archives



Recent Comments



今日のまかい村

peshimichi.gif gureo.gif gurumin.gif pachiku.gif
opal.gif torako.gif yumeko.gif tacu.gif

2007年12月24日でまかい村を一旦凍結。        またいずれ。ウヒョー。



Link



Recent Trackback



Access Counter

現在の閲覧者数:

since 2006.10.2



ブログランキング

にほんブログ村 ゲームブログ FF11(FFXI)へ
にほんブログ村



Site Search





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。